Top Page › ひとりごと › 笑わせてくれる人はありがたい。

笑わせてくれる人はありがたい。

2021-11-27 (Sat) 23:48

友達から電話があった。


   おお!元気?
      元気じゃないよ~。入院していたんだ。

   あら?なんで?
      4泊5日だけどね。
      レーザーで切った。

   ああ~前立腺肥大ね。
      2ヶ月待ちだったけれど、先生はまだいいと言ったけど、
      俺が頼み込んだんだ。
      やってよかったよ~。
      まだ血尿が出ているから、おむつしているんだ。
      入院している時から、おむつだよ~。

   いずれ、おむつになるんだからさあ・・。経験しておくのもいいんじゃないの~。
      それがさあ・・・退院するときに、おむつ買ったんだけれど、
      買ってから気がついた。
      オフクロのおむつが残っていたって。
      男女兼用だから~。
      オフクロが死んだときに、娘からおむつは捨てないようにと
      言われて、捨てずに残していたのがあったんだよ。
      それも大量に。

   おむつは高いからねえ。でもまた役に立つって。(笑)
   だから、娘さんも捨てないように言ったんだろうよ。
      そうか~      
      4泊入院だったけれど、ホントは5日入院だったんだ。
      もう、入院しているのが嫌になって、先生に俺退院するから~って
      言ったら、ああ、いいよ~と言われて、1日早く退院してきた。
      おしっこがジャーって出たときは嬉しかったよ!

   それは良かったこと!!!(笑)   



私の父親は前立腺がんだったから、最後の入院の決め手は、おしっこが垂れ流しになって、自分でどうしようもなくなったからだ。
母が父に、どうする?入院する?って聞いて、父が入院すると言ったから入院したのだ。
その時は、私は同居してなくて、仕事が終わって実家に行ったら、家の中が無人だった。
近所の人に救急車が来たと言われて、病院に向かったのだ。
それから2年。
肺に転移するまで、病院で過ごすことになって、私は職場と実家と病院と自宅と、毎日毎日ぐるぐる回っていた。



彼は検査で、前立腺がんの疑いがあったときもあったが、この程度で済んでホントよかった。
彼と話していて楽なのは、どんな話をしても笑いまで持っていくところだ。
見栄も張らず、カッコつけようともしないし、兄貴みたいな存在だから言いたいことも言えて、楽。
ユーモアのセンスって大切で、病室での話も面白かった。
深刻にならない。
深刻にしない。
暗黙の了解みたいなものだ。
そういうことって、案外大事なことだ。
人と付き合う上では。
あはは~って笑わせてくれる人が私にはありがたいことよ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村


シニアライフランキング

スポンサーリンク

最終更新日 : 2021-11-27

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence