時を束ねて リボンをかけて

2022-11-26 (Sat) 23:58

チビに遊ばれている。

いつもなら、私が寝るときはチビはベットの上に置いてあるハウスの中にいる。
あまりにも私が寝るのが遅いと、ぎゃぎゃあ鳴いてさっさと寝て!という感じになる。
電気を消すと私が寝るのだなと分かる。

昨夜の寝入りばなチビがハウスを出て、私の頭のほうにいるのが暗闇の中でも感じ取れた。
あれ?と思ったが試しに布団をあげて、中に入るの?と聞くと入ってきた。
私の腕に前足を乗せて寝る体勢になっていた。
この感激!!!
今までの私の布団の中に入ってきた仔は、ソフィアとファンくらいか・・・。
いつも猫と一緒に寝ている人には、私がどのくらい感激したかわからないと思うけど。

猫は飼い主と信頼関係が結ばれているほど、飼い主の顔のそばで寝ると何かの本に書いてあった。
それを思えば、私の愛情が伝わっていない仔が多かったのかもしれない。
まあ・・多頭飼いだったから私と寝るより猫団子の方がよかったのかもしれないが。


チビは1匹になって、やっと私と寝る気になったのか・・・。
私の愛情が伝わっている・・・18年かかって・・・。
と思ったのもつかの間、5分くらいですぐにでていく。
そしてまた、私の頭のところでじっとしている。
また布団をめくる。
すると入ってくる。
それを何度繰り返しただろうか・・・・
夜中に遊ばれているのだろうか・・・。
そのうち私の方が寝てしまった。

朝方も、チビに起こされた。
そしてやはり私の頭のそばにいて、布団の中に入ってくるというのを繰り返した。
これは遊んでいるのだね。
母ちゃんは起きるよ。
お遊びは終わりだよと言った。
私が起きた後。
チビは不満げ。

KIMG3608.jpg

これは日中、布団乾燥機をかけたのだが、その上で寝ていた。
スイッチが切れるまでそのままにしておいた。

KIMG3612.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村


シニアライフランキング

スポンサーリンク

Last Modified : 2022-11-27
[serene_resp3c] Designed by *Essence