Top Page ›  › 偶然の猫談義

偶然の猫談義

2023-04-10 (Mon) 23:43

いつも使っている猫砂の大袋がかなり安くチラシに載っていたので、ホームセンターに行ってきた。
ところが16リットル入りで棚の一番下の段にあったので、持ち上げようとしても持ち上がらなかった。
いや無理すればカートに乗せられたかもしれないが、腰のこともあるのであっさりと諦めた。
持ち上げて重い!と思った時に、声をかけてきた女性がいた。
重いから無理でしょというように・・・。
ちょっと腰が痛くなりそうだから、いつものにしますと言った。

そこからかなり長く猫の話になった。
2匹飼っているのだそうだ。
1匹目の猫は三毛。
2匹目は真っ白で毛がふわふわしていて、目はブルー。
三毛の仔も目はブルーだそうだ。
で、どちらも野良猫だったのだが、2匹目は近所のお宅の庭に現れたそうで、そこのお宅がご夫婦で、頼みに来たとのこと。
その奥さんにしか頼めないと言われて、見に行ったら、それがまた可愛くて一目ぼれしたと言っていた。
獣医さんに「アタリだ!」と言われたくらい可愛いのだそうだ。
2匹とも喧嘩もせずに仲がいいのだそうで、まさにそういう意味でもアタリなのだろう。

ところでその方はどう見ても80代。
80代で子猫を引き受ける度胸がすごいと思ったが、自分に何かあったら、引き受けてくれる人がいると言っていた。
私が昔はたくさん飼っていたけれど、今は最後の猫の1匹だけになったと言ったら、「あなたはまだ若いから何匹でも飼えるでしょ」と言われた。
いや、若くないのですと慌てて否定した。(笑)
経済的にももう無理なんです~と笑いながら本音を言った。
その人の裏のお宅でも3匹の猫を飼っているそうで、ご近所で猫談義をしているのだろうと思えた。

その他にもいろんな話を立ち話でしたが、あまりにも猫に対しての熱量がすごくて、ペットは生きがいになりますねと言ったら、そうなのよ~である。
自分のご飯は後回しにしても、猫たちにご飯をやらなきゃと思ってしまうと。
まさに生きがいなんだろうな‥と思える。

私に猫がいなくなったら、自分の生活がどうでもよくなりそうで、それが怖い。

で、その人の籠をみたら、小さなキャットハウスが入っている。
前に買ったものと同じで、2匹になったから、もう一つ必要かと思って~。
砂の話から、フードの話までいろいろ話したが、いつまでも話していられそうな気がした。
猫の話だと、どんな自慢話でも、飽きずに聞いていられるから不思議だ。
また会えるといいなと思いながら別れた。



庭のしだれ桜が今満開。
ここに引っ越してきて、これほど花をつけるのを見たのは初めてかもしれない。

    IMG_4667.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村


シニアライフランキング

スポンサーリンク

最終更新日 : 2023-04-10

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence