Top Page › ひとりごと › 3000円で話をつけた。

3000円で話をつけた。

2023-12-14 (Thu) 23:34

昨日から別荘使用の隣家の庭から、チェーンソーの音が聞こえていた。
昨日、ゴミ出しに行くのに外に出て、仰天。

隣家の庭の周りを囲んでいた樹木が、見事なくなっていた。
我が家の裏に行く通路に覆いかぶさるようにあふれていた何本ものアジサイもなくなっている。
切ったのではなく、抜いてある。
そのアジサイの間に今が盛りと咲いていた椿の木は、私の背丈くらいになって残っていた。

作業しているおじさんが話しかけてきた。
植木屋さんだ。

隣家との間の私の敷地に細い木が伸びているのだが、私はその木が何なのかわからないのだ。
でも何かであることは間違いないのだろうから、前の家のオーナーが植えたものかもしれないと思い、一応支柱を立てて縛り付けておいた。
花でも咲くかもしれないと思って。

植木屋さんに言われた。
あれさあ・・・桑の木だよ。
桑の木?
桑の木って知らない?蚕を育てる桑。

あぁ・・お蚕の桑ね。知っている。

あれは鳥が落としていったものだよ。
それが育ったの。
あんなのほおっておいたら、どんどん大きくなるよ。
ここの庭にも3本あった。

へえ・・・。

毛虫もたくさんつくんだよ。

ええっ!!

そこで言われた言葉が嬉しかった。

明日、切ってやるから~。

お願いします!!!!!


隣家の庭に空きがないくらい、切り落とされた樹木の残骸の山。

背丈をはるかに超えていたアジサイの数々は1個だけ1メートルくらいに整えられていた。
私が数えたときは13か14本あったはずだ。


おかげで、斜め後ろの家の全景が見えるようになった。
夫婦と成人した息子二人が住んでいる。
2階建てだが、夜1時ころまで2階の部屋の電気が点いている。

こう見渡せると我が家の防犯上はすごくいい。


で、今日、ちょうど桑の木を伐り終わって、植木屋さんに言われた。
隣家との境の行止まりに、直径20センチくらいの木が3メートルくらいに伸びきってある。
木の名前は知らないが、よく生垣などにつかわれる木だ。
これ3本もいらないんじゃないの?
1本あればいいと思うけど・・。

いや3本全部いらないのですよ。
防犯上もこの木は邪魔だと思っていたのですと言った。
すると、3本伐る?と聞くから、お願いしますと言って、すかさず聞いた。
いくらですか?
ついでだからただでやったくれそうな感じだったが、あとで請求書が来ても困るので、ここで話をつけるしかない。
いくらですかって・・・う・・ん、じゃあ3人いるからお茶代だけもらおうかな・・・3000円。
それでお願いします!!
で決まり。

気が変わらないうちに3,000円と家にあったエスカップ3本渡した。


3本の木を伐り終わったら、その流れで裏のオオデマリやレンギョウも伐ってくれた。
これはまた出てくるから~と言われて。
家の裏はすっきりとした。

左が隣家、右が我が家。
隣家も我が家も奥まで見渡せるようになった。

niwa.jpg


見事に片付けられた隣家の庭。
今は寒菊が広がっていて満開だったのに、それもすべてなくなった。
スッキリと視界が広がった。

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村


シニアライフランキング

スポンサーリンク

最終更新日 : 2023-12-14

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence