Top Page › ひとりごと › 都会に行ってきました。

都会に行ってきました。

2024-01-13 (Sat) 22:56

昨日12日はブーの命日で20日はモコの命日である。
思い出話でも書こうかなと思ったが、亡くなった時のことを思い出して書けなかった。


8日に地元にある買取店に、18金の指輪やピアスやネックレスを査定してもらいに行った。
レビューを見たら、高評価ではあるが貴金属専門ではない。
一応有名ではないが全国展開している店である。
こんな田舎町に、あったのが驚く。
レビューの通り担当者のお姉さんは感じがいい。
小太りで愛想のいいお姉さんである。

もともとたいした貴金属は持っていない。
ダイヤでもないし、プラチナでもない。
指輪は石が付いているが、価値はないとわかっていた。
傷だらけだろうし。
若いときは、姉が指輪が好きだったから、それをもらったりしたものだ。
今、金が値上がりしているから、片方を無くしたピアスとかが結構あるし、両方揃っているものでも今はピアスはしない。
左の耳に2個、右の耳に1個、ピアスの穴はあけているが、勤めていたころはまだおしゃれにこだわりがあったが、今は全くない。

そして指輪は若いときは9号だった。
しかし、今は痛みはもうなくなったが、変形性指関節症で指の第一関節でこぶができて変形している。
指輪が似合わない指になった。

ただ18金のものを集めて査定してもらった。
最初に電話して、査定は無料と聞いていたから。
査定に30分くらいかかるというので、一度出て買い物をしていた。
戻ると、ちょうど、お歳暮の箱を2個持って買取依頼に来ていた人と鉢合わせだ。
箱の張り紙の「お歳暮」という文字を見たときに、こんなものまで買取してもらうのか…と思ったが、送った方は不用品買取に出されているなんて思ってもいないだろうなと思うと、ホント、しょうもない習慣をまだ続けている人の気が知れない。
気がしれないが、送った人は気が済んでいるのだろう。

で、1個1個に金額を表示されて説明を受けた。
石は思った通り価値はなかった。
最初に18金のネックレスが、18000円と言われたときに、素早く頭の中で計算した。
持っていく前に、測っていたが5グラムある。
つまりは1グラム3600円。
安い!
あとの説明は受けなくてもいいと思ったが、なにしろ口は立つしやたら愛想はいい。
私はうんうんと黙って聞く羽目になった。

で、最後の合計が88000円である。
すかさず、分かりました。全て持ち帰ります!と言った。
担当のお姉さんに、えっ!!と驚かれた。

そしてこれ、おうちに置いておくのですか?と聞かれたから、他店にも査定してもらいますと言った。
ひとつのお店では決められないでしょ。とにこりと私は言った。
そうですね‥と言われた。
そして、10日間は今日の価格は有効ですと言われたが、私は笑いながら頭を振った。
金の価格は毎日変わる。
10日間有効って余計信用できないと心の中で思った。


店を構えていても、田舎町だ。
近隣の市には買取店はないから、この辺では一択になる。
つまりは田舎の人にはありがたいところなのかもしれないが、私は違う。
私の頭の中では10万は超えるだろうと思っていたからだ。

で、それからひたすらネットで買取店を探す。
CMを流しているようなところは避けた。
ここがいいかなと思ったところは、かなり遠い。
質店。
都会にある。
都会だけあって周りに買取店がいくらでもある、
そこに決めたのはレビューがいい。
サクラもあるだろうから、レビューというものに惑わされないが参考になる。
あまり高価なものだと買ったお店を聞かれたりで、不愉快に思った人のレビューもあって、盗難品かもしれないと疑うのはいいことだと私は思う。
ただ、遠い。
田舎町ばかり走っているから、スマホのナビを頼りに今日行ってきた。
たとえ迷っても家に待つ人はいないから、のんびりドライブしようと思った。


質店のイメージが覆るような、こぎれいなところ。
淡々と品物を特殊な虫めがねのようなもので見ていく。
石は全て値段が付きませんと言われて、金のみでグラムと単価の計算式を渡されての提示された金額が、167630円。
即決で「お願いします!」(笑)
地元の買取店は詐欺みたいなものだ。
ナメられたのかな?私は。(;'∀')

KIMG4595.jpg


能登半島震災の義援金をはじめ使い道はもう決まっている。

参考になればと思い、記事をUPしました。


スポンサーリンク

最終更新日 : 2024-01-13

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence