Top Page › ひとりごと › セルフパーマをした。

セルフパーマをした。

2017-08-18 (Fri) 22:14

パーマは昔から自分でしていた。
もちろん美容師の資格はない。(笑)
若いときは髪が長くて、下の部分にウエーブを入れたかった時など、自分でパーマをかけた。

セルフパーマは安上がりというのが一番の理由だが、美容院でパーマをかけて、気に入った!という経験が、実は一度も今までない。
かけたことを後悔するうちに、パーマはかけずストレートでいるということが多くなった。

今の私の髪型は、極端にではないが前下がりのボブである。
後ろが肩につくのが嫌なので短くて、前に行くにしたがって長くなる。
年齢とともに、ボブといえばそうなのだが、ただのおばちゃんカットのように見える。
それは顔が付いていかなくなってきたからだ。
それに髪も薄く細くなって、ボリュームが出ない。
ストレートでは無理だと考えた。
ウイッグも持っていてしばらくウイッグにしていた時期もあったが、それも飽きた。
じゃあということで、パーマでもかけるか!というくらいのノリである。


パーマのロッドは太さいろいろでたくさん持っていたが、引っ越しの時に処分してしまった。
後で気づく。
まさかまた、セルフパーマをやることになるとはと、断捨離の後悔の一つ。


ロットとペーパーとパーマ液で2000円くらい。
パーマ液は部分パーマ用で、十分間に合うと今までの経験で分かっていたので、やわらかいウエーブ用。

SN3U1860.jpg



ロットは12本しか買わなかったから、それに間に合わせるように巻いた。
細かいウエーブではおばちゃんパーマになる。
おばちゃんだから、それでもいいといえばいいのだが、全体に軽く波打つくらいのウエーブが欲しかった。
私はもともと、パーマの取れかかったような髪型が好きなので、その通りにできて満足。
さすが私だ。(笑)

久しぶりにパーマを自分でかけたけれど、セルフパーマはかなりの慣れが必要だから、人には勧めない。

私はいつからか美容院での時間が苦痛になった。
ホンの数年前、突然髪を切ろうと思い、通りかかった美容室に入った時があった。
男性の美容師だったが、相談したわけでもないのに、お客様にはこういう髪型が~とナンチャラカンチャラ言われて、こいつ私に喧嘩売ってんのか!と内心思ったことがある。
全て言われたことを無視して、自分のしたい髪型を伝えた。
プロだからといってお任せとはいかない。
イメージは勝手に作られても困る。
無駄口もいらない。
だから、今はカットをするときは1000円カット。
セルフカットの時もあるけれど。
この街に1000円カットがあった時のうれしさったら、なかった。(笑)
おしゃれはしなくなったけれど、どうでもいいようで、どうでもよくないというところに、こだわりは持つ。
そのこだわりが、失笑をかっても。(笑)





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーリンク

最終更新日 : 2017-08-19

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence