Top Page › 針仕事 › 猫用の座布団を作った。

猫用の座布団を作った。

2017-09-22 (Fri) 22:35

これは母の座椅子。

PAP_0103 (1)

ネットで調べると、高座椅子というみたいだ。
かなり古いもの。
買ったのはいいが、使っていたのかいないのか、いつのまにか母は元の地べた生活になった。
母の部屋の隅で、使われないまま置かれていた。

私が2階の廊下に持っていって、置いておいた。
私がこっそり2階にあげても、気が付かなかったくらいだから、母にとっては不用品だったのかもしれない。
こうやって、年寄りは不用品が増えていく。

2階に置くと猫たちが気に入って、代々の猫たちがそこで日向ぼっこをしていた。
昔は本当の多頭飼いだったから、その場所取りの争いがおこるほど、猫たちのお気に入りのものになった。
写真から見て、右の背が折れてしまっているし、ニスの剥がれや籐の痛みなどもあるが、引っ越しの時にこれは捨てられず持ってきた。
母のものであり、逝ってしまった猫たちのものであり、今いる猫たちのものでもある。
それなりの思い出のあるもので、いくら断捨離といっても、猫のものが絡むと捨てられないし、今も活用している。
定員2匹。(笑)
元から付いていた座布団はとっくになくなり、それでも大きくてもかまわず普通の座布団を置いていた。



秋というか冬の準備のために、猫部屋の日差しがたっぷり入る棚の上の座布団を作った。

PAP_0100 (1)

ついでに、この籐の座椅子も洗って乾かし、折れたところは修理して座椅子の大きさに合わせておそろいで座布団を作った。

PAP_0102 (1)

この座椅子も、まあ何とかよみがえった。
猫部屋は、これにて完了。


ブログ友達のブログに書いてあった。

「DIY」は畑で野菜を育てるのとは違って結果が直ぐに出るので「やる気」さえあれば、楽しい~



そうだなと思った。
野菜つくりはテマヒマかかる割には、結果がすぐに出ない。
失敗もあるし。
でも、DIYや裁縫は、そのまますぐに結果がでる。
失敗しても、作り直すことができる。
せっかちな私向き。
もちろん、「やる気」が一番大事だが。

特別出演・ゴン・男の子。

PAP_0099 (1)

その日の気分で居場所を変える仔だが、この座布団が気にいったみたいで、いつも間にかここにいた。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2017-09-22

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence