Top Page › ひとりごと › 運動不足を何とかしなくては。

運動不足を何とかしなくては。

2017-10-20 (Fri) 22:49

1時ごろの少しの間、雨が止んだので、庭に出て台風に備えて、片づけた。
とはいってもそれほど、庭に出ているものはないけれど。
洗濯竿にかけっぱなしになっている、ピンチとかジョウロとか。

そのとき、隣のご主人がどこからか帰ってきたのか、フェンス越しに毎日雨だねえ・・・と声をかけてきた。
嫌になりますねえ・・寒いし・・とか、簡単な話をした。
そして、それが終わってご主人が家に入ろうとしたときに、足を滑らして転んだ。

自分が転んだ時にも思ったことだが、スローモーションのようになる。
それが、目の前で他人が転んだ時でも、そうなるということを知った。
頭が最後でかろうじて頭だけはどこにも打ち付けてないが、体はかなり打ったと思う。
私は両方の家のフェンスが間にあるから、支えられず見ているしかなかった。
慌てた。
「うわ~大丈夫ですか~。」と大声をあげた。
隣の門から入って、抱き上げようかと思ったが、ご主人は立ち上がった。
何度も何度も大丈夫かどうかを聞いたが、大丈夫だと言う。


この靴は滑るんだと言って、靴の底を足をあげて見せてくれたが、溝がない。
いかにも滑りそう。
玄関の前はコンクリートで濡れている。
いやあ、立ち上がったからいいものの、起き上がることができずに倒れたままだったら、私はもっと慌てただろう。
何しろ、若く見えても90は超えている。
体のどこかの骨にヒビが入ってないといいけれど・・・と思っていたら、家から出てきて外に置いてあった自転車を門の中に入れていた。
それを見て安心した。
しかし、かなりのあざはできただろうなと思う。

二人の間に二つのフェンスがなかったら、私は瞬間に支えられただろうか?
そういう俊敏さがもう自分に残っていないような気がする。
これは、やはり普段の運動不足を自覚しているから、そう思うのかもしれない。
俊敏さでは隣のご主人のほうが勝っているのかもしれない。
背は私より低いし、痩せているけれど。

私の運動不足・・・なんとかしないとなあ。、




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2017-10-20

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence