Top Page › ひとりごと › 年を取ると素朴な食べ物が体に合ってくる。

年を取ると素朴な食べ物が体に合ってくる。

2017-12-15 (Fri) 23:03


昨日の話。
外に出たら向かいの畑にご夫婦が来ていた。
ソラマメの種を植えたのが全滅したという。

前に私がいただいた種だけれど、我が家は芽が出ている。
それで、もともとは私のものではないので、5本ほど残してあとは植え替えるようにと渡した。
同じ時期に同じタネを植えて、道路を挟んだだけなのに私は芽が出て向かいは出なかったということを不思議がっている。
たぶん私が思うに、連作障害だと思うがそれは言わない。
これから育つかどうかわからないが、今の我が家のソラマメの状態。

SN3U0414_20171214230043c29.jpg


悪いと思ったのか、大根を2本いただいた。
一人暮らしなのに大根2本をどうしようかと内心思ったが、ふろふき大根にしようと前に持ち帰った時に、切ったら中が黒くなっていて食べられなかったから、そうなっていたらごめんねぇと言われて気が軽くなった。

SN3U0412.jpg


大根は何に使うか迷っているけれど、葉っぱはすぐに使わないと栄養が落ちるので炒めた。
きれいに洗い細かく切ってフライパンに入れて蓋をして、少ししんなりしたらごま油を加えて炒める。
なめたカレイの煮つけを作って、その残り汁を捨てるにはもったいないと残していたので味付けはそれにして、さらに炒めた。
最後に値引品のすり荏胡麻を加えた。
素晴らしいお味。(笑)
こういう素朴なものが好き。
もともと美食家ではないし、年をとると、なんてことないごくごく素朴なものが美味しいと感じるようになった。

SN3U0415.jpg



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2017-12-15

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence