Top Page › ひとりごと › この町では彼だけが頼り。(笑)

この町では彼だけが頼り。(笑)

2017-12-16 (Sat) 22:58

5月に自動車税を支払った時に、今年は車検だなと思った。
9月に任意保険の更新を行った時も、今年は車検だなと思った。
車検が切れる日は12月29日と記憶していた。
冷静に考えれば、陸運局の仕事納めは12月28日だから、29日の登録はあり得ない。
なのに、そう思い込んでいた。

12月が車検だとわかっていたはずなのに、実はすっかり忘れていた。
気が付いたのは昨日だ。
そして、車検証を改めてみると、切れる日は12月26日だった。
もう10日しかない。
ああ~キャ~どうする?どうする?
あわてまくり。

ネットで調べて近くにありそうな修理工場に電話した。
車検で検索したらヒットしたのに、「うちは板金専門で車検は知り合いに回すのです」と言われてしまった。
これで探す意欲は撃沈。
困った時のお兄ちゃん。
ガス会社の担当者の携帯に電話した。

「修理工場紹介してもらいたいの」
「どうしたんですか?」
「車検なのを忘れていた。
12月26日で切れるからあせっているのよ。どうするべ~」

思わず訛ってしまう。
あきれられた。(笑)

「分かりました。うちのお客さんで、自分も利用している修理工場があるから聞いてみます。
すごくいい修理工場で、最低限の整備で車検を通してもらっているのです。」

いったん電話を切って、折り返しすぐに電話が来た。
「来週は予約がいっぱいだけれど、再来週は大丈夫です」
ということでぎりぎり間に合うことになった。


住所を聞くと近い。
「午後から直接打ち合わせに行ってくるよ。」
「旦那さんはいないかもしれないけれど、奥さんがいるから」
「・・・・・・」

この・・・・・・は私が言葉に詰まって一瞬黙ってしまったのだ。
すると、彼は素早く察した。
外壁塗装会社を探してもらった時も、とにかく感じのいい人というのを強調したので、奥さんはすごく優しくて、感じのいい人ですよ~と言ってくれた。
この辺が、私の難しいところで、人間嫌いが読まれてしまうところ。
私が打ち合わせに行くということを、先方に知らせておくからということで、話が終わり、午後から行ってきた。

優しくて感じがいいというのは当たっていた。
事務所に入っていくと、◎◎さんの・・・とガス会社の担当者の名前を言われて、そうです、急な話で申し訳ありませんとひたすら私は低姿勢。
お正月に車に乗れないのは困るものねえと会話がにこやか。
代車は必要ないことを伝えたら、25日の朝に車を引き取りに来てくれることになった。
26日に車検を受けて27日に引き渡しで話が付いた。

若くてもいい子は確実にいる。
今回も助けられた。
修理工場の奥さんにも、◎◎さんにはいつも助けてもらって感謝していると本音が出たくらいだ。

誰も知らない町で暮らすということの大変さを身にしみて知ったけれど、どうか彼が転勤にならないようにと心から祈っているのだ。
本人はもともと東京の人で、都会から4年前に転勤でこの田舎町に来たときは、毎日、毎日海を見に行っていたと言っていたから、この年寄だらけの田舎町から抜け出したいのが本心だろうけれど。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2017-12-16

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence