体調が悪い。

2018-05-20 (Sun) 23:37

なんだかとっても寒いのだ。
先週の木曜日は暑かったけれど、金曜日が異常に寒くて、塗装屋さんも寒いと言っていた。
昨日の土曜は朝から雨で午後から晴れたがやはり寒い。
今日はやっと朝から晴れたが、やはり暑いということもなく、まして蒸すということもない。

なんだか外壁塗装があまりにも進まないので、うんざりしてきた。
養生がうっとうしくて、気がめいる。
職人への気遣いが、疲れる。
2階の猫部屋の二つの窓と1階のリビングの庭に面している一つの窓と、お風呂場だけは養生をやめてもらったが、そのほかは雨戸も塗るから閉めていて、暗くて風も部屋を流れないから気分が悪い。
エアコンの室外機にも、台所の換気扇の外も養生されてビニールが被っているし、においが部屋に籠りそう。
まあ、エアコンは昨年も2回ほどしか使わなかったくらい、真夏でも夜は寒いからいいのだが。

部屋にはファンヒーターと扇風機が置いてあり、今は寒くてファンヒーターを点けている状態。
体調が崩れたのだろうか?


塗装屋の職人は今は夫婦で来ている。
30代の元ヤンキー?(笑)
夫婦で一緒に仕事しているっていいわねと言ったら、二人ともいやいやって顔をしたけど、年を取るとそれが幸せだと気がつくのだろうな。

奥さんのほうは上下迷彩服だから、かっこいいといえばそうだが、この人たちの時間が読めない。
職人は10時と3時に一服の時間を取るが、この夫婦は取らない。
昼食時間も短い。
その代わり帰りは3時とか4時で早く帰りたいのだろうと思う。
子供がいればこういう働き方もありだと思う。
だけど、お茶を出すタイミングがわからなくて、それが疲れるのだ。
だから放っておいて、帰りにペットボトルの飲み物を渡すことにした。

女性でなければ鍵をかけて出かけることも考えるが、女性がいるとトイレのことがあるので、家を空けるということはしない。
鍵をかけず出かけるほど、信頼しているわけではないし、けっこう気を使う。
こういうことが私はホント苦手。
外壁塗装はしないで、家が崩れるときに、私も崩れるという状態にしておいたほうが良かったかなとさえ思う始末だ。

外の玄関のポーチの天井を塗るときに外灯を外してもらった。
この外灯はやたら明るい。
家の前は真っ暗になるから本当は外灯は点けたほうがいいのだろうが、こんなに明るいなら電気代がかかるだろうと思っていたから、夜は外灯を点けてなかったのだ。
ポツンポツンと周りに家がある中で、外灯を点けないのは我が家だけ。
LED電球に替えるつもりで外してもらった。
ところが、すでにLEDだった。(笑)
あまりにもケチケチしているとこういう失敗もある。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2018-05-20

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence