Top Page › ひとりごと › 梅雨に晴れ間がのぞいたら。

梅雨に晴れ間がのぞいたら。

2018-06-20 (Wed) 23:14

昨日は久しぶりに晴れて洗濯日和。
寒くて冬用の羽毛布団を出していたが、猫にゲボされた。
洗濯機の中で手洗い。
手洗い表示はないが、何度も洗っているから、気にしない。
軽く脱水をかけて干したが、夕方まで乾かなかったのでコインランドリーで乾かしてきた。
ふかふかになって再生完了。
また押し入れにしまったが、これからも寒い日が来そうで怖い。

寒い寒いと言っていた時に私だけがおかしいかと思ったが、他の人のブログを読むとやはり寒いと書いてあったので、住んでいる地域は違っても寒かったのだと安心した。

これは蜂蜜。

SN3U1383.jpg

あれよあれよという間に白く濁った。
もう残り少ないから温めて元に戻すことはしないが、冬はプチプチに包んでいたから固まらなかったが、この時期に固まるとは思わなかった。
引っ越してきたときに不動産屋さんに夏でもエアコンはいらないくらい涼しいと言われていたが、涼しいどころか寒いと感じる私の体はやはり老いたのだと思う。
天気の変化に体が付いていかない。
だけど、梅雨に晴れ間がのぞいたら動くしかない。
昨日は雑草取りもしたし、掃除もして洗濯もフル回転で、さすがに冷凍庫の中も寂しくなってきたので乾燥ひじきを煮て、小分けした。
自然解凍で食すことができるものの用意はしておかなければ・・・。
懐中電灯が点くかどうかの点検をしたり、災害時のシミュレーションを頭に入れておく。
天気がいいと体も動くが、天気が悪いと体も頭もどんよりとして、天気に合わせてしまう。
ふとした時に、例えば買い物をしているときに、あるいは車を走らせているときに私って一人ぽっちだなあ・・・と思うことがある。
知り合いのいない町に移り住んできたのだから、当たり前のことなのだが、この再確認は大事だ。
だから、自分しか頼れない。
しっかりしなければ。

昨日庭で雑草取りをしていた時に、いつも農作業姿で家の前の道路を自転車で駆け抜けていく農家のおばさんに初めて声をかけられた。
「ここにいるの?」
それは、多分永住なのかどうかを聞いているのだと思ったから、「永住です」と答えた。
足場がかかっていたから、何だろうねと近所の人と話していたと言われた。
そんなしょうもないことを話していただなんて、ご近所さんともども暇なんだわね。
この人はたぶん畑はこの近くにあるけれど、住まいは離れているのだ。
もう引っ越してきて2年が過ぎているのに、永住だとは思っていなかったのだろうか?
車のナンバーが地元ナンバーではないからかな?
庭を見て野菜作っているのねと言われた。
素人なので少しですと答えると、何か植えておかないと草ぼうぼうになるわよと言われた。
大きなお世話だが、ここから何人で住んでいるのとか?旦那さんは?とかの身元調査が始まるのかなとうんざりしたが、その時ちょうど、隣のご主人が出てきた。
ほっとして、おばさんから離れてご主人のほうに体を移した。
そこでの話は長くなるので次回に。


昨日の日本×コロンビア戦。
テレビの前でガッツポーズ。
大迫は半端なかった。(笑)
セネガル×ポルトガルの試合も録画していて今日観たが、セネガルは手ごわい。
身体能力の高さに唖然としたが、でも次の試合も楽しみ。
頑張ってほしい。

もうかなり前から物欲はなくなっているけれど、私は単純だから昨日は日本代表のユニホームのレプリカがほしいと思ってしまった。
背番号「7」ほしいなあ。
ネットでみたら、高い。
私には買えない。
だからあきらめも早い。(笑)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2018-06-20

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence