珍客。

2018-07-23 (Mon) 23:26

夜中は冷房を切りたいので窓を開けて風が入り室温が下がるのを待っている。
日に日にその時刻が遅くなって昨日寝たのが夜中の1時。
風が出て室温が28℃になったのを確認して寝た。

今朝7時に目が覚めた。
それは、猫たちが騒いでいたからだ。
寝ぼけまなこでふと見ると、何かが飛んでいる。
その飛んでいるものをみて、猫たち追いかけようとしているのだ。
すぐに、それが何かわかった。
ええっ!!!
どこから入ったの~?
コウモリだ。
羽の広げ方をみてすぐにわかった。

猫たちを落ち着かせるために、先手を打たなければならない。
箒を持って追いかける。
浴室に入ったので、ドアを閉めた。
5分ほどして、そっと開けると、お風呂の栓のところにへばりついている。

SN3U1628.jpg

水をかけて動けないようにして、ちり取りに乗せて浴室の窓から外に逃がした。
羽を広げなければ5センチくらいの小さなものだったから、冷静に対処したが、どこから侵入したのかさっぱりわからない。
1階は雨戸も全て閉めているから、入るとしたら2階なのか・・・。
コウモリだなんて、どんだけ田舎なんだと思う。
今日も暑かったけれど、掃除もかねて侵入口を探したがわからなかった。



朝のニュースでためらわずに冷房を入れてくださいと言っていた。
ためらわずに冷房を入れられる人もいるだろうが、電気代が心配でためらいながら冷房を入れる私のような人間もいるのだ。
だから、その冷房を入れている時間を少なくするために、夜は温度が下がるのを待っている。
今日は夜の7時半にはひんやりとした海風が吹いて、すぐに室温が下がった。
今は26℃。
窓を開けていると少し寒い。


昨年はこの家はこういう夏だったのだ。
だから冷房も2回しか入れなかったのに。
今年は、まだ7月でこの暑さ。
もうバテている。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2018-07-23

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence