Top Page › ひとりごと › 自分は自分。ひとはひと。

自分は自分。ひとはひと。

2018-09-26 (Wed) 23:20

私は他人のブログを読むときに、主さんの年齢で読むわけではない。
面白かったり、役にたったり、考えさせられたり、要するに、私の感性に合えばいいだけだ。

いつも訪問している人のブログで、先日、面白い文章を見つけた。
あるファッション雑誌を購入したそうだが

「60代ぐらいのおばあさんが載ってる」
と書いてあった。

60代って、おばあさんなの!!!(笑)

「お顔はおばあさんなのに服は若者。わたしは違和感あるんだけど、ご本人がいいと思うならいいと思う。」
と書いてあったが、ちっともよくないという書き方である。(笑)


「若者の服を着るおばあさんも(自分は年をとってない)と思い込んでいるんだろうな。なんだか哀れだ。」
と書いてあって笑ってしまった。


この人はたぶん40代くらいかな?
私はこの人のブログは読んでいて面白いと思っているから嫌いじゃない。


ただね。
この人からおばあさんに見える人が、若者の服を着ても他人に迷惑をかけているわけではないのだから、哀れに思う必要もない。
思われる必要もない。
要するに人は自分がよければいいのだ。
自分がいいと思っていることが、他人に迷惑をかけてないのなら、それでいいと思う。


先日、スーパーで個性的なファッションの年配の女性がいたが、あまりにも堂々としているので、誰もその人に注目しない。
溶け込んでいる。
人は自分が意識過剰になるほど実は他人のことなど見ていない。
よほどの暇人でない限りは。

自分がいいと思うこと・・つまりファッションでも生き方でも、他人と比べる必要はないし、他人と自分を比べないことが、自分を生きやすくする。
それが信念に育つこともある。
そして個性につながることもある。
私の自分を生きやすくす方法が他人と自分を比べないということ。
自分は自分、
人は人。
ただ、生きていくうえで、目標にする人、尊敬できる人は多く持ったほうがいいとは思うけれど。



さて、話が変って、貴乃花。
千代の富士が辞退したから、一代年寄は今まで3人しかしない。
大鵬と北の湖と貴乃花。
これから白鵬が日本国籍を取得するなら、一代年寄は間違いないだろうが、これから出て来るとは思えない一代年寄という名誉の力士。
そういう人が辞めるのか・・・という残念な思いだ。
今朝テレビを付けたら、昔の貴闘力が出演していて、「不利益なことを言ったら、子どもが相撲取りになるんだから、静かにしろよ」と相撲協会に言われたと爆弾発言していたが、相撲協会は解体するべきだと思う。
伏魔殿だね。相撲協会は。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

最終更新日 : 2018-09-27

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence