Top Page › ひとりごと › 私がいいならいいのだ。

私がいいならいいのだ。

2018-11-23 (Fri) 23:12

日中は暖かいのだけれど、やはり朝晩はだいぶ寒くなってきた。

私はいつもこの時期、パジャマがわりに長袖Tシャツを着て下はニット系の楽なズボンで寝ている。
それが朝起きるとそのまま部屋着になる。
その日の行動によってその上に羽織るものとしてエプロンやフリースの割烹着になったり、ひざ丈のチュニックになったりする。
天候や気温によって変化する。
これからもっと寒くなるとTシャツではなく、スエットの上下になる。
パジャマと部屋着を兼ねているから、朝起きて寒くても着替える必要はない。
今は、その上の被り物は裏起毛のマキシ丈の長袖のワンピースにしている。
これがめちゃくちゃ暖かい。
マキシ丈といっても身長の関係で足首はかくれないけれど、膝もお腹もお尻もすっぽり蔽われるから暖かいのだ。
頸にマフラーを巻いているから寒さを感じず、部屋の夜の暖房の設定温度は今のところ20度。
これを着てから、他のものは着れなくなった。
2000円以下でネットショッピングで購入した。
安物でもモコモコしていて、あまりにも暖かいので替えのためにもう1枚購入したくらいだ。

昨日スーパーに買い物に行くときに、着替えるのが嫌になった。
レビューではコンビニくらいには行けると書いていた人がいたが、それは若い人の話だ。
さすがに、おばちゃんがこのかっこうでは外に出ていく勇気が出なかったから、今までは下はジーンズに履き替えてひざ丈のチュニックにしていた。
膝というの大事だというのが分かった。
膝が出るのと出ないのとでは体感がまるで違う。


着替えたくない。
面倒だ。
行きたくない・・だけど食料調達はしなければならない。

で、よくよく考えれば、私はこの町に知り合いがいない。
つまり、知り合いがいない以上誰に会っても困ることはない。
恥ずかしいという感情も必要ない。
これこそが知っている人が誰もいないというところに住んでいる特権だ!と思った。
そこで、猫毛だけコロコロで取ってそのまま出かけた。
この時期マスクは必ずして出かけるし、ブーツを履くから、わざわざ着替える必要はない!これでいい!!そう思ったのだ。

仕事をしていた時は常にスーツだったから、私はその反動なのか体を締め付けないだらしない恰好が好きなのだ。
ダランとした毛玉アリのワンピースで他人から見てだらしなく見えても、私がいいならいい。
楽です~。


PAP_2162.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

最終更新日 : 2018-11-23

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence