Top Page ›  › 猫の好きな人と話して。

猫の好きな人と話して。

2019-06-29 (Sat) 23:41

リビングと和室の仕切りのふすまを取り払ったのは、暑い日だった。

我が家は物置がないから、和室にゴミセンターに持ち込むものを置いてある。
ダンボールとか、捨てる布団とか、使いきったペンキの缶とか。

襖を取り払って、それらがいつも目に入るようになると、目障りになってきた。
布団は紐で縛っていたのだけれど、カンがその上にいることが多くなり、しかもその上でゲボしていた。
布団は大型ゴミだからセンターに持ち込むしかない。
昨日、雨が降っていたけれど、雨の日は持ち込む人も少ないだろうと思い、行ってきた。

いつもなら、さっさと捨てて終わりなのだが、さすがに昨日は誰もいなかったので、係りの人たちも指示に余裕があった。
感じがいい。

布団を捨てる時に、係りの人に、猫がゲボしちゃって~と私が言った。
すると、その係りの人が猫飼っているの?と聞いてきた。
飼っていますというと何匹?と聞く。
4匹と答えると、うちは5匹というではないか。

いわゆる血統書とかついてる猫?と聞いてきた。
いやいや野良猫保護ですから雑種ですよと答えると、その人の顔がパッと明るくなった。

うちもねえ・・・親猫が軒下で5匹産んでしまい、母猫がいなくなってしまったんだよ。
だから、俺がミルクを与えて育てたの・・とそのミルクを与えるジェスチャー付で教えてくれた。(笑)

そうやって育てたなら可愛いでしょと言ったら、可愛いんだ~と嬉しそう。

私は完全室内飼いですよ。外には出してないのです。と言った。

すると、うちも完全室内飼いだよというので、これは話が合いそうだと思った。

それから、キャットタワーを買って与えた話とか、その5匹の猫たちは自分の車の音で帰ってきたことがわかるとか、まあ・・・親ばか全開。(笑)
不妊手術も済ませているし、私が願う飼い方をしていて、子供さんの情操教育にもさぞかし役に立っただろうと、勝手に判断した。


短い時間だったが猫好きの人と話せたことで、帰り道、心がほんわかした。



先日、ガス会社の担当者が来た時に、会社の人が仔猫を拾って飼うことになり、その猫がものすごく可愛いという話になった。
ロシアンブルーという種類の猫いますよね。
目がブルーなんですよ。
ロシアンブルーじゃないかと思うんですと言うから、私は鼻で笑った。
その言い方が気にいらない。
だから何だとなる。
そもそもロシアンブルーの目の色はブルーではないし。

うちにも目がブルーの雑種の猫がいるけれど、猫はどんな種類のネコでも可愛いんだよ。
猫の種類で猫の価値が決まるわけではない!
雑種の猫が猫種のある猫より劣っているわけではない!



      ・・・・持論を述べる(略)・・・・


最後に「はい!」と返事をされた。(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

最終更新日 : 2019-06-30

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence