Top Page › ひとりごと › 今日も変わらず引きこもり。

今日も変わらず引きこもり。

2021-08-13 (Fri) 23:58

友達の生検の結果は、ガンではなかった。
数値がどうだとか、カゲがどうだとか言われたそうだが、本人もガンだと思い娘が仕事が休みだったので、一緒に結果を聞きに行った。
たぶん先生もガンだと思っていたのだろうが、数値が上がったことやその原因は不明。
また3か月ごとの血液検査になるとのこと。

良かったじゃないの~と私は言った。


そして私はたくさんの映画を観ているから、たぶん映画なのだろうが、それがどんなシチュエーションで、何の映画だったのか思い出せないのだが、家族の人を連れてきてください・・・と病院に言われるその言葉だけを思い出した。
映画は邦画は見ないから洋画なんだろうけれど、何の映画だったのだろう。
忘れっぽいんだよねえ・・・年相応だけど。

そもそも、今の一人暮らしが多い時代、家族がいない人もいる。
いても遠くに離れているとか、家族がもう年老いた親なんてこともある独身が多い時代だ。
その映画の一シーンに???となったことを、なぜか唐突に思い出して、娘が近くにいて、一緒についていくと言われるなんて、恵まれているねえと私は言ったのだ。


コロナが尋常じゃないレベルになっているからその話になった。
私は昨日久しぶりにスーパーに行ったが、ものすごく混んでいて駐車場も満杯で、他県ナンバーの車も多い。
生花売り場の人混み、お盆料金になっている生鮮食品。
早々に退散してきた。

どうして、緊急事態宣言の地域の車が、こんな田舎にあふれているのかよくわからんと言った。

すると彼は、そういえば、面白い車を見たというのだ。
ナンバーは首都圏ナンバー。
車の後ろに「私は○○市、在住です」と張り紙がしてあったのを見たと。
○○市は私が前に住んでいた市で彼が今住んでいる市のこと。
つまり、ナンバーは首都圏ナンバーだが、自分はこの市の住人ですと言いたいのだろうと。
サラリーマンが単身赴任とか本社から支給されている車だったりすると、ナンバーが違ってもおかしくないけれど、田舎だから首都圏ナンバーは肩身が狭いのかもしれない。

コロナが流行る前なら、優越感を持って田舎の道路を走っていた品川や横浜ナンバーだろうが、いまや見かけると、こんな田舎に来てるんじゃない!とか言いたくなるしねえと笑ったのだ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村


シニアライフランキング

スポンサーリンク

最終更新日 : 2021-08-13

[home_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence